不動産投資の成功は収益物件が鍵|上手にファイナンス事業を始めよう

それぞれの特徴を知ろう

家の模型

安定性のあるアパート

安定した家賃収入を得られるのが、不動産投資の魅力です。しかし、不動産投資と一言で言っても、様々な手法があります。中でも主流な手法が、アパート経営と区分マンション経営です。これから不動産投資を始める方の中には、どちらの収益物件を購入するべきか迷われている方もいらっしゃるでしょう。アパートと区分マンションの違いを知ることで、自分に合った収益物件を選ぶことができます。収益物件としてのアパートの特徴は、何より安定性にあります。複数の部屋を保有することになるアパートでは、一部屋が空室になっても家賃収入が途絶えることはありません。また、土地の評価額が区分マンションより高いため、融資が受けやすいのもアパートの魅力です。リスクを分散、回避して安心ライフを送り、上手にファイナンス事業を始めましょう。

区分マンションの魅力

安定性と土地評価額が高いアパートですが、1棟を購入するのには数千万円が必要になります。区分マンションより初期費用が高いことが、収益物件としてのアパートのデメリットです。一方、区分マンションは、アパートとは真反対の特徴を持っています。区分マンションを一部屋保有しているだけでは、空室率は0%か100%のどちらかしかありません。リスクを分散させることができないため、安定性には欠けます。しかし、アパートと比較すると、初期費用を抑えられるメリットがあります。自己資金が少なくとも不動産投資を始められるのは、大きな魅力です。また、複数の区分マンションを購入しやすいため、リスクを分散させることも比較的容易です。アパートと区分マンションは、特徴が大きく異なります。自分に合った収益物件を選び、安定した家賃収入を得る投資家になりましょう。

地方に注目

集合住宅

不動産投資といえば、東京が中心ですが、東京の地価の向上などにより東京での不動産投資は年々難易度を増しています。そのため、地方都市の不動産投資に注目が集まっていますが、大阪が人気です。収益物件の情報は、地元んお不動産投資会社と密に連携をとることから始まります。

もっと読む

留守中の我が家を有効活用

インテリア

リロケーションとは転勤などに伴う生活の変化、特に一定期間不在となるマイホームの管理を行うサービス事業のことをいいます。利用することによって所有者が留守の間だけ賃貸に供するなどして、物件の有効活用を実現することができます。

もっと読む

不動産投資を安定させる

マンションと現金

安定した不動産投資を行いたい方は、家賃保証型のサブリースを利用することをおすすめします。空室でも安定した家賃収入が得られるため、確実に資産形成を行えます。また、家賃滞納保証も付いていると、家賃滞納リスクを大きく抑えることも可能です。

もっと読む